2017年9月18日月曜日

信長の野望シリーズ(革新以降)

1.はじめに
(1)信長の野望シリーズとの出会い
 信長の野望シリーズの記念すべき1作目は、小学生の頃に出会ったのですが、人から借りて大いに楽しみました。
(2)中学、高校、短大とゲームから離れる
 私の世代でゲームをする人は、『オタク』と呼ばれる風潮があっため、中学、高校、短大とゲームを全くやらない生活を送っていました。
(3)信長の野望シリーズを久しぶりに楽しむ
 社会人となり、少し暇な時間があったので、信長の野望・天下創世を購入して、少し楽しんだのですが、1週間程度で飽きたのでそこまでハマりませんでした。
(4)信長の野望・革新と出会う
 天下創世を購入した経緯から、信長の野望・革新を購入し、そこから、信長の野望シリーズに完全にハマってしまいました。

信長の野望革新(パワーアップキット付き)↓

2.信長の野望・革新にハマった理由
(1)リアルタイム制の導入
 『天下創世』までの信長の野望は、ひと月毎に自国を強くして行く内政コマンドと、他国を攻撃して領土を奪うもしくは他国が領土を奪いに攻めて来る戦争のコマンドが有り、内政と戦争の二つのコマンドが分かれていたのですが、『革新』から、この二つが一つのコマンドで同時進行するリアルタイム制が導入されました。
(2)リアルタイム制での変更点①
 『天下創世』までの信長の野望は、内政と戦争が切り離されていたため、内政する時も戦争する時も能力の高い同一の武将を使用出来るシステムでしたが、『革新』から始まったリアルタイム制では、能力の高い武将に内政させている間に、他国から攻めて来られると、その武将が、城に戻る間に領土を奪われる危険性が発生するので、能力の高い武将を城に常駐させる事が必要となりました。
(3)リアルタイム制での変更点②
 『天下創世』までの信長の野望は、戦争を行うのが、月初めでないと行えない形式でしたが、『革新』から、月初めだけでなく、何月何日のいつからでも戦争が行えるようになりました。
(4)リアルタイム制での変更点③
 信長の野望の基本は、自国と隣接している国が他国と戦争して弱体化した後に、その国を攻め滅ぼし、自国の領土にしていくというのを繰り返すのですが、『天下創世』までは、月初めしか攻めれなかったため、隣接している国が戦争をして一時的に弱体化しても月初めまでにかなり回復していましたが、『革新』後は、弱体化した直後に攻撃する事が可能となりました。
(5)弱体化した直後に攻撃する具体例
 例えば、織田信長でプレーした場合に、武田信玄1万人が、10月5日に斎藤道三を攻めたとして、移動日数20日間かかり、10月25日に斎藤道三の城に到着し、斎藤道三8千人と戦争を始めたとします。
 30日間の戦争が行われ、両軍の兵力が同数の3千人となり、勝ち目のなくなった武田信玄が11月25日に撤退を開始します。
 この時点から織田信長5千人で斎藤道三を攻めに行った場合、移動日数20日間かかり、12月15日に斎藤道三の城に到着するので、斎藤道三の兵力も5千人まで回復しており、同数の兵力となるため、城を落とす事が出来ません。
 しかし、武田信玄が撤退する11月25日ではなく、移動日数20日間を引いた11月5日に織田信長5千人で攻めると、11月25日に斎藤道三の城に到着するので、武田信玄が撤退した後に、3千人しかいない斎藤道三と戦う事が可能となり、このタイミングを見計らうのが醍醐味です。
(6)タイミングの見計らい方 
 上述の状況の場合、武田信玄と斎藤道三が戦争を始める10月25日頃とかなり早いタイミングで、織田信長の兵を出し、斎藤道三の城近くに忍ばせておき、武田信玄が撤退後、すぐに攻撃出来る体制にしておきます。
 しかし、あまり、早く攻めすぎると、他の隣接国から攻め込まれるので、1番良いタイミングを見つけなくてはなりません。
 実際には、1回目で良いタイミングで攻め込み勝利を収める事は、ほとんど不可能なため、武田信玄が攻め込んだ時点でセーブしておき、失敗したらリセットし、武田信玄が攻め込んだ所からやり直して、斎藤道三の城を攻略するまで、何回もチャレンジするのですが、ここを繰り返すのが面白くて一番ハマる所です。
(7)ハマる理由
 チョットした攻め込むタイミングの違いで戦禍が大きく変わるのですが、結局1番戦禍を上げれるタイミングがはっきり解らないので、何回も繰り返して戦い、これ以上、戦禍を上げるタイミングを見つける事が出来ないだろうと思えるまで繰り返してしまうのがハマる理由です。
(8)その他のハマる理由
 『革新』前の物も同様ですが、織田信長以外の戦国大名全てでプレイ出来るので、クリアしても違った大名からスタートすれば、異なるストーリーが楽しめます。
 ちなみに、私は、上杉謙信が好きなので上杉謙信で戦う事が多いです。

3.『革新』以降に続くリアルタイム制作品の紹介
 私は、すべて購入しているのですが、『天道』、『創造』、『創造 戦国立志伝』と全てリアルタイム制が継続されており、全て、面白いのですが、『創造』と『創造 戦国立志伝』は基本的に同じゲームで『戦国立志伝』の方が、戦国大名だけでなく、戦国武将でもプレイ可能にグレードアップされているので、『天道』と『創造 戦国立志伝』のみ下記、バーナー広告に載せて置きます。

信長の野望天道(パワーアップキット付き)↓
信長の野望・創造 戦国立志伝↓

4.最新作の予約開始
 11月30日に最新作『大志』が発売され、それもリアルタイム制が採用されており、面白い事、間違いなしで予約開始されたので、載せておきます。

11月30日発売予定の最新作『大志』WIN版 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
信長の野望・大志 通常版
価格:8583円(税込、送料無料) (2017/9/12時点)
11月30日発売予定の最新作『大志』PS4版
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
信長の野望・大志 通常版 PS4版
価格:8078円(税込、送料無料) (2017/9/12時点)

↓ブログランキングサイト

注)クリックされた方は必ず
『私が買って良かった商品』を見つけ出し、
そこをクリックして帰って来て下さい。

楽天とアマゾンより安く購入可能な方法と商品

アーセナルファン集合のブログおススメ情報 

アーセナルファン集合のブログ

アーセナルファン集合のブログ掲示板

ブログで綴るアフリエイトの挑戦


0 件のコメント:

コメントを投稿

umbro『 アンブロ』のジャージ

1.私のお気に入りのジャージブランドはumbro『 アンブロ』です。  ↓メンズ用の物を掲載します。↓ 【半額!】 umbro アンブロ メンズ フード付き スウェット上下 UCA3648 CHC アウトレット 価格:7236円(税込、送料別) (2017/10/...